強迫性障害は適切なメディカルケアで前に進む|社会と個人の取り組み

ノートとハート

セロトニン物質を増やす

薬

医療の技術が発展してきたため、精神分野の治療も様々な方法が提案されています。強迫性障害などといった社会への適応を阻む症状についての治療が提案されており、誰もが共存できる社会を目指して医療行為がなされているのです。強迫行為や強迫観念という症状がでるこの障害は、多くは20代で発症するといわれています。20代はちょうど社会に出て行く時期で、基盤を作る大事な時間といえます。そんな時に症状が出てしまうと、暮らしを支える基礎をなかなか作ることができなくなってしまうのです。治療を始め、症状を改善することができれば、病気を持っているなりの社会適応ができるようになります。小さな頃からこの症状に悩んでいる人もいますが、治療を提案すればうまくこの病気と付き合っていくことができるようになります。
精神的な病気は大抵において脳の神経伝達物質の機能がうまく働いていないということが影響しています。人間の脳にはセロトニンという神経伝達物質がありますが、不具合が起こるとセロトニンの動きが悪くなってしまうのです。セロトニンが脳内で少なくなってしまうと、精神的には不安症状が出てきます。これが強迫行為や強迫観念がある強迫性障害を起こすきっかけになってしまうのです。

強迫性障害を治療するためにはこのセロトニンの働きを良くする必要が出てきます。精神的な病気は薬で行なうことが一般的ではありますが、磁気治療を行なっているところもあります。いずれにせよどんな症状があるのかを診断し、適切な治療方法が医師から提案されます。セロトニンを増加させたりするには薬が用いられることがあります。この病気に関しては三環系抗うつ剤やSSRIなどが処方され、治療に役だっています。身体に直接働きかけ効果を発揮するものなので、当然副作用があります。強い吐き気や食欲不振を感じることもあるので、用量をよく守り利用していく必要があります。
その点、磁気治療で強迫性障害を治療すればほとんど副作用が無いことがわかっています。吐き気や便秘、口の乾きが抗鬱薬やSSRIでは引き起こされますが、磁気を頭に流すという手法をとる磁気治療は吐き気も便秘も起こりません。副作用によって引き起こされる別のストレスを感じることが無いのです。クリニックによって扱っている場所と扱っていない場所があるので、よく調べて受診することが勧められています。