強迫性障害は適切なメディカルケアで前に進む|社会と個人の取り組み

ノートとハート

総合的なクリニック

ハートと聴診器

心の問題は完治することが難しいです。体に起こる難しい症状としてがんがありますが、この病気も再発の可能性が常につきまといます。それは心や精神の病気でも同じことなのです。強迫性障害という病気が精神的な病気の一種としてありますが、これもうつ病や他の病気と同じくメンタルクリニックで治療をすることができます。以前よりは治療方法も確立されてきており、改善に向かう人も多くなっています。難しい病気は放置していても治りません。専門のクリニックを利用することで何とか改善に向かわせることができます。
精神的な病気を診断してもらうには実はいくつかの方法があります。精神科を受診するか、心療内科を受診するか、もしくは神経内科を受診するかといった三つの方法です。強迫性障害を疑われる人は精神科を受診することが勧められています。

なぜ精神科や心療内科、神経内科に精神的な分野が分かれているのかというと、心と体の関係に問題があります。精神的な病気はたいてい脳の機能に障害が起こっている場合に起こると考えられています。この場合は精神科を受診することになり、強迫性障害に悩んでいる人もこの分野を受けるべきです。その一方で、心療内科とは精神的なストレスが原因で身体に異常をきたしている症状が出ている場合に受診するのが適切です。
自分がどんな病気にかかっているかどうかという判断に迷ってしまう人は、精神科や神経内科、心療内科が併設されている病院を利用すれば安心だといえます。病院の見分け方には病院名を確認するという基本的な方法があります。「◯◯精神科」や「◯◯心療内科」と大抵の場合請け負っている分野の名前が書かれているのでそれを確認すれば良いということになります。しかし、中には「クリニック」と欠かれており、強迫性障害をみてくれる精神科が含まれているかいないのかわからないことがあります。

メンタルクリニックといえば総合的な診断をしてくれる大きな病院の場合が多いです。詳しくは請け負っている分野など病院の詳細を調べなければなりません。しかし、メンタルクリニックでは神経内科や精神科、そして心療内科が同じ病院に含まれているので、総合的な診断が期待できます。心療内科の分野であると判断されても、治療が上手くいかないことがあります。精神の分野は判断が難しいことがあるので、実は精神科が請け負う分野の病気であったということもあり得るのです。三つの分野が合わさった病院なら、あらゆる面からセカンドオピニオンを求めることができるので便利です。