強迫性障害は適切なメディカルケアで前に進む|社会と個人の取り組み

止められない不安病院で診てもらいませんか?

心の負担を軽くする

ファイルを持った看護師

外出するために家を出たにも関わらず戸締まりや火の後始末が気になって家に戻ってしまった人はいるでしょう。実際にガスや電気を消し忘れていることもあり、虫が知らせたということで安心することもありますが、何度も確認したにも関わらずまだ気になってしまう人は精神的に何らかの負担がかかっているかもしれません。何度も安全を確認したり、気になってしまって外出もままならないという生活に支障をきたしている人は強迫性障害を起こしているとも考えられます。
精神的な病については最近耳にすることが多くなり、チェックシートなどを確認して自分の行動や思考をチェックするとどうしても病気に当てはまっているような気がして仕方が無くなることがあります。実際、仕事や生活に支障が無いのならば精神的な疾患があるとはみなされません。そのため、たいていの人は過剰反応をしていると片付けてしまうのです。しかし、何らかの苦しみを感じているのであればそれは放置すべきではありません。精神的な病は放置していても治るものではないからです。身体的な病であるがんのように、その症状は行動や思考を蝕んでいきます。
例えば強迫観念というものはあるネガティブな考えが頭に浮かんで離れないということです。これは自分が頭で「それは不合理な考え方である」と考えていても、どうしても頭から消し去ることはできないという特徴をもっています。正常な思考が阻まれているという点では精神的な病が行動や思考を支配し、生活に支障をきたしているといえます。

最近では精神的な病気を扱う分野が一般的にも認知されてきています。しかし、まだ精神科と心療内科の区別がつかない、または病院側も精神科と表示しては敷居が高いので精神科的な病気を請け負っているにも関わらず「心療内科」という院名を掲げているところもあります。いろいろとまだ知らなければならないことがあり、適切な治療のためにも調べることが大事です。社会的な取り組みとして強迫性障害などの社会適応を難しくしている病気を治療することも行われてきています。精神的な病気は簡単に治療ができるというものではありません。根気強い治療が必要なので、周囲の人や病院の助けをもらいながら治療を続けられる環境を整えることが求められています。

インフォメーション

総合的なクリニック

ハートと聴診器

強迫性障害などの精神的な病気は精神や神経を扱う分野で治療をすることが求められます。メンタルクリニックといわれる病院には神経を調べる神経内科や精神科、心療内科が含まれていることがあります。

詳  細

典型的な行動パターン

人の影

周囲の人や自らの観察によって、異常行動が発見できることがあります。症状が重くなる前に早めに相談すれば、治療もスムーズです。そのためには強迫性障害の典型的な行動パターンについて知ることが大事なのです。

詳  細

セロトニン物質を増やす

薬

何らかの障害が脳の中で起こっているので強迫性障害が引き起こされます。一つの原因としてセロトニンの減少があげられます。これを増加させるためには薬を用いて治療をするか、磁気治療を行なうかという選択肢があります。

詳  細

治療は継続される

腕を組む男性

現代は精神的にも追い詰められている人が多い時代であるといえます。強迫性障害は完治するということは少なく、たいていの人が病気と付き合っていくことになります。周囲の人もそれに理解を示さなければなりません。

詳  細